お金がない時の債務整理

相談

弁護士への依頼がお勧め

借りていたお金を返済できなくなってしまった時は、返済方法をまず検討しましょう。しかしそれでも返済できない時は、債務整理をするようにしましょう。債務整理にはいくつか方法がありますが、主な方法は任意整理または自己破産です。任意整理は債務を圧縮して返済するので、ある程度の収入がある人にお勧めです。お金がない場合は、裁判所に破産宣告をして、債務を帳消しにする自己破産がいいでしょう。この自己破産は、弁護士または司法書士に依頼をして、手続きをしてもらうのが一般的です。依頼して受任通知を出してもらうと、取り立てが止まりますので、指定された書類を準備し、提出します。この場合、司法書士に依頼できるのは債務が140万円までの場合に限られ、それを超えると弁護士にしか依頼できませんので、気をつけるようにしましょう。費用は25万円から30万円が相場です。もちろん事務所によって多少の違いがあり、中には着手金を受け取らない所もあります。また所得が少なく、自己破産をしたいけど費用を出せないという時は、法テラスに相談すると、一時的に費用を立て替えてもらうことができます。この分は、後で分割で返済します。もちろん、自己破産を自分ですることもできます。これは費用がかからないのが最大のメリットですが、その反面、債権者との交渉が難しいとか、免責がなかなか下りないということもあります。その意味では、やはり弁護士または司法書士に依頼した方がいいでしょう。

弁護士

普段から考えておく

刑事事件の被疑者になった時は迅速な対策が重要です。弁護士ならあらゆる段階で最善の手段を取ってくれるので、安心して任せられます。普段から刑事事件に強い弁護士をチェックしておくことも大切です。多くの弁護士を抱える大手ですと、万が一のときにも対応が早いでしょう。

PCを操作する女性

税理士に相談しましょう

毎年の法人税で頭を悩ませている経営者の方は税理士に相談してみましょう。税理士に相談すれば納税業務を一任することができるほか、高額となりがちな法人税を節税するノウハウも提供してくれます。また顧問契約を結べば納税業務や節税対策以外にも、会社全体の経営に対するアドバイスも受けることができます。

計算

税の専門家に依頼

経営者は往々にして孤独と言われます。経営者の相談相手として、また税務申告や税務相談のために税理士を活用することが大切となります。東京だけでも約22,000人の税理士が登録をしており、その選択には税法に関する知識や信頼がおけるか、さらには事務所と本社との距離などを重視する必要があります。