税の専門家に依頼

計算

経営者は往々にして孤独と言われることがあります。社員を雇用している経営者であれば、会社内で弱気なことをいうことはできないためです。そんな経営者の良き相談相手であるのが税理士です。税理士は税の専門家であり、企業が行う税務申告を代理したり税務相談を受けたりすることが主な業務です。税務申告を経営者自らが行う企業もありますが、ほとんどの企業が税理士依頼して税務申告を行っています。相談相手としても税務申告を行う際であっても、どの人に依頼するかは非常に重要な問題となります。東京だけでも現在約22、000人が登録をしています。東京だけでもこれだけの人数の登録があり、さらに全国では約76,000人が登録をしています。選ぶ際に重要な点としては、まず税の専門家として税に関する知識が豊富なのかという点が重要です。税法は年々変化していますので、常に最新の知識を有していなければ役に立たないといっても過言ではありません。また相談相手として経営者と馬が合うかもしくは信頼がおけるのかという点も重要になります。企業にとって重要な情報である財務に関する情報をすべて開示する必要があるため、馬が合うもしくは信頼がおけるという点も非常に重要になります。また税理士事務所と距離が遠すぎると突発的な事象に対応できない可能性もあるため、この点も重要です。したがって東京に本社がある企業であれば、少なくとも東京近郊や東京地方の税理士会内で税理士を選ぶことも重要です。