税理士に相談しましょう

PCを操作する女性

対策を立ててくれます

企業経営者が頭を悩ませるのが毎年の法人税です。法人税は税法に従って会計上の利益を求めてから所得を算出します。さらに算出された所得に税率をかけ、そこから各種控除を行って税額を求めます。これらの計算は事業規模が大きくなるにつれ複雑さを増すのが特徴です。法人税の計算や納税は社内の経理部に一任することもできますが、高度な節税対策や正しい納税を心掛けるのであれば専門家に任せる方が安心です。企業の税務対策は税理士に相談するのがベストです。税理士は税務のプロフェッショナルで納税業務に対する独占権を有しています。それだけに税務に関する高い専門知識を持っており、経理部だけでは難しい企業の包括的な税務管理を行うことができます。たとえば従業員の出張費の管理は節税の大きなポイントとなります。出張費の清算は従業員が会社に請求することを忘れてしまえば、会社は必要経費として帳簿に計上することができなくなってしまいます。このようなミスは一つ一つは少額でも積み重なると多額となるので、経営者が思っている以上に大きな損失を生む要因となります。このようなミスは経費管理のスキームを再整備すれば大きく削減できます。税理士に相談すれば個人の請求ミスを防ぐスキームを再構築することができるほか、業務内容をスリム化することで経理部の負担を軽減することも可能です。法人税の節税対策は会社全体の仕組みを踏まえたうえで行う必要があります。そのようなアドバイスを経営者に対して行えるのは税理士だからこそ可能です。税理士への節税対策の依頼は顧問契約を結べば可能です。顧問契約を結べば年度末の納税業務や帳簿管理を一任することができるほか、会社全体の経営アドバイスも受けることができます。